GMOとくとくBB WiMAXは評判よりも快適に使えている件

毎月、高額キャッシュバックが評判のGMOとくとくBB WiMAX。私も目が眩んで申し込みました。

ただ、ネット上で書かれているGMOとくとくBBの評判を見ていると「通信速度が遅い」「対応が悪い」といった低評価なものが多く見受けられますよね。実際、申し込む前にそれらの書き込みを目にしてやっぱりやめとこうかなー、なんて思ってしまったこともありますがキャッシュバックの高さに負けました。

でも正直なところ、固定回線を解約してメイン回線で使うので遅かったらどうしよう・・・と実際に使ってみるまで不安だったのは事実です。

ただ、ルーターが到着してすぐに使ってみると固定回線と変わらない速度が出ていてびっくり!

ではなぜGMOとくとくBBは評判が悪いのか、本当にその口コミの通りなのかなど、実際にメイン回線として使用している私が生レビューをお届けします。GMOとくとくBB WiMAXを検討中の方はぜひご参考ください!

申し込みからルーター到着まで

まず、口コミサイトや端末のレビューを見ていると申し込んでからルーターの到着が遅いといった評判が多く見られます。

どれくらいで届くかの目安として、とくとくBBの会員サポートページでは入会の翌日から4営業日で発送と書かれています。なので最短だと申し込んでから5日で端末が届くということですね。

私の場合はどうだったかというと・・・

  • 申し込み完了日:5月29日(同日確認メール到着)
  • 出荷完了メール:6月2日
  • 受取日:6月3日

申し込み完了当日から受け取りまでを計算すると土日を挟んでいるので3営業日で出荷となります。と、いうことはサポートページに書かれているより少し早めの到着でした。

機器の到着も発送から1日というスケジュールなので、私の場合は「GMOとくとくBBは発送が遅い!」という評判とは逆に早かった印象です。

申し込んだ後は「受付完了」「機材手配完了」「機材出荷完了」と3通のフォローメールが届いており、追跡番号もしっかりと記載されていたので、現在どの段階まで準備が進んでいるのかがはっきりわかるのため全く不安な要素がありませんでした。

現在も快適に使っているWX01のレビューはWX01実機レビュー!実測値付きでリアルな感想をお届けしますにて徹底検証していますので合わせてご参考ください。

GMOとくとくBB WiMAXは遅いという評判は本当か?

さて、GMOとくとくBB WiMAXは回線速度が遅いから使い物にならない!という評判もネット上では見かけますよね。

GMOはUQ WiMAXから回線を借りていて、設備などは自社で用意しなければいけなくてそこに設備投資が十分じゃないから遅いだとかうんたらかんたら・・・ネット上の口コミ・ウンチク。

そんなのはどうでもいいんです。問題は本当に遅いのかどうか。ちゃんと使えるのかということ。

以前にWiMAXを契約していた時は部屋の中だと電波が入らずに窓際設置でギリギリ使える程度だったのですが今回は・・・・

電波、バッチリでした。

WiMAX2になったからなのか、ルーターのおかげなのかわかりませんが室内に弱いという印象が一気に覆りました。これは意外と使えるかも・・・?

スマホで通信速度を測ってみると下りで20Mbps以上と問題のない数字。計測した時間帯は固定回線でも遅くなる0時頃でした。
とくとくBBWiMAX速度測定

理論値220Mbpsという速度から考えると10分の1程度ではありますが、以前のWiMAXでは全く電波が入らなかった室内での利用と考えると文句なしの通信品質ですね。通信速度でも口コミサイトで見た評判とは逆で、すごく快適な通信速度だったという結果になりました。

ネットサーフィンは当然のことながら、動画のストリーミングも引っ掛かりなく楽しめます。状況とソフトによってはPS4などでオンラインゲームも可能なくらいです。

このくらいの通信速度が安定して出ているので、固定回線を解約してWiMAX1本でも十分やっていけますよ〜。

気になるなら試してみればいいんデス!

なんととくとくBb WiMAXは20日以内なら違約金無料でキャンセルOK!なんです!

  • 使うエリアのピンポイント判定では◯だけど、実際は室内で使うからちゃんと通信できるか不安
  • 初めてWiMAXを使うから、一度試してみたい

契約したけど、思ってたのと違った・・・といった不安を解決してくれるサービスとなっています。

ただし、適用条件や月額利用料はかかるなどの注意事項があるのでご注意ください。

GMOとくとくBB WiMAXの速度制限について

GMOとくとくBB WiMAXの通信制限は本家のUQ WiMAXと同じで直近3日で3GB以上使うと速度制限がかかります

速度制限と言うとスマホでもありますからピンと来る人は多いと思いますが、あまりいい印象はないのではないでしょうか?
制限を食らうと下りで128kbpsまで抑えられてかなり使い物にならないですからねぇ・・・。

WiMAXを始めモバイルルーターや格安SIMでも速度制限は当たり前のように設定されていますがWiMAXは速度制限時も下り5Mbps出るので快適なんです。

その証拠がコチラ

GMOとくとくBBWiMAXで速度制限にかかった時の速度

ちなみにここ最近はほぼ毎日1GB以上通信していてずっとこの速度で使っていますが、不便を感じたことはありません。ウェブページは問題なく表示されるし、Youtubeは高画質で見ても引っかかりがなく快適に見ることができます。

巷では固定回線が光の速度だとか言われていますが、実際私達が普通に使う分には下り5Mbps出ていれば十分なんですね。

ぶっちゃけ、WiMAXの魅力は高速回線じゃなくて、速度制限にかかっても普通に使える速度が出ることだと思っています。

サポートの評判が悪いんだけど?

GMOとくとくBBWiMAXで一番目立つ評判が『サポートの質が悪い』

しかし、現在サポートに聞くような困ったことが起きてないですし、大手メーカーなどでもサポートが悪い・繋がりにくいところは多々あります。今はなきPHS会社のサポートが最悪だったのはいい思い出・・・。

ただ、とくとくBB WiMAXに限らずGMO系列はサポート体制が悪いとの口コミが多いのも事実なので操作方法などで問い合わせることがあるかもしれない可能性があるのなら、ちょっと気にしておいたほうがいいでしょう。

また、問い合わせ以外ではサポートサイトがあるのですが、契約内容確認、請求情報など標準的な管理機能を持ったものでした。

あとひとつ、気になるところと言えば電話番号です。
申し込む際の問い合わせ窓口はフリーダイヤルなのに対し、入会後は通常の電話番号となっています。つまり、利用後何かあった際に問い合わせると通話料を取られてしまうということです。これはマイナスポイントですね〜。待たされた上に通話料を取られるとなると、問い合わせを躊躇してしまいますよね。

実際に問い合わせてみないとわからないこともあるので、引き続きサポートの質に関しては調査を続けようと思います。

GMOとくとくBBの最大のメリットはランニングコスト

最初にもご紹介したとおりGMOとくとくBBの最大の魅力は高額なキャッシュバックです。全WiMAXプロバイダーの中でNo1を誇るキャッシュバックは3万円を超えることがほとんど。

WiMAXって、月額料金が大体4,000円前後が平均なのですがGMOとくとくBBのキャッシュバックを差し引いて2年間の月額料金を計算してみると・・・・・なんと月3,000円ほどの維持費でWiMAXが使えるということ。

GMOとくとくBB WiMAXの2016年8月現在の価格はこんな感じです。

初期費用 月額費用 端末料 ルーター
3,000円 端末受け取り月:無料
1ヶ月目~2ヶ月目:
月額3,609円
3ヶ月目~24ヶ月目:
月額4,263円
0円 W01、WX01、WX02、HWD15、URoad-Home2+
2年間合計 キャッシュバック 2年間合計 – キャッシュバック サポート
104,004円 最大30,000円(ルーターにより異なります) 【最安】74,004円
(最大キャッシュバック時)
電話・問い合わせフォーム
74,004円が実際に2年間かかる費用となります。ということは・・・
74,004 ÷ 24ヶ月 = 3,083円/月
月に3,000円でWiAMXが使えるというのはウソじゃないんです。

しかも月額料金から値引きができるGMOポイントが毎月100ポイントもらえる!

GMOとくとくBB WiMAXの注意点

・キャッシュバックが高額
・トータルで考えると3,000円ほどの価格でWiMAXが使える

GMOとくとくBB WiMAXはいいことだらけに思えますが、もちろんデメリットもあります

キャッシュバックの受け取りが非常にややこしい

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取り難易度は非常に高いとネット上でも口コミされています。

端末受け取り月から11ヶ月後にとくとくBBからもらえるメールアドレス宛てに口座確認のメールが来るのですが、それを見落とすと特典が受けられなくなります。

実際、私もとくとくBB WiMAXを使っていたのですがちゃんとキャッシュバックの確認メールを見るまではドキドキしていました。

メールの見逃しと申請の入力に不備がなければ問題ないので、リマインダーなどに登録しておくとよいでしょう。

オプションの解除し忘れがないように

実は契約時に月額300円の安心サポートとWi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションに加入していることになっています。

これらは2ヶ月無料ということではじめから付いているのですが、解除の申請をしなければ3ヶ月目以降は費用がかかります

安心サポートは端末故障時に修理が無料となるサービスなので必要であればそのまま付けておいても問題ないのですし、Wi-Fiスポットを利用するなら接続オプションを付けておいてもいいでしょう。

ただ、故意に落としたりしない限りルーターは故障するものでもないですし、端末によってはau Wi-Fiスポットが使えるのでわざわざWi-Fiオプションを付けなくても十分使えます。

それよりも、せっかく最安でWiMAXを使えるチャンスなので余計なオプションは解除しておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの解約料に注意

GMOとくとくBB WiMAXでは24ヶ月目までに解約すると24,800円の契約解除料が必要になります。

他のWiMAXプロバイダーと比べると解約料が若干割高になっているので注意が必要です。

実は私もしばらく使ってみて、あまりにも電波が弱かったり速度が遅かったりしたら解約しようと考えていたのですがかなりいい感じに使えていてもう1年を過ぎたので、2年いっぱい使う予定です。

24ヶ月を超えて契約更新月以外で解約してしまうと9,500円掛かってしまうので、解約の狙い目は契約更新月となります。

GMOとくとくBB WiMAXは安くて絶対オトク

さて、私は高額キャッシュバックにまんまと釣られて評判が悪いという噂が目立つGMOとくとくBB WiMAXを契約しているわけですが、実際に使ってみると速度が遅いといったことは全くなく快適に使えています。

3日で3GBの制限がかかって使えない!といった声もありますが、それはどのプロバイダーでも同じ条件ですし、他社のモバイルルーターの3日で1GBの制限比べれば全然マシな方です。

となればあとはサポートの質ですが、実際に問い合わせるケースを考えると「機器の故障」「解約」と言った最悪のケースくらいではないでしょうか。

確かにフリーダイヤルではなく待ち時間が長い点については改善して欲しいですが、今は検索すれば欲しい情報がすぐに手に入る時代です。設定などの簡単な問題はスマホで検索して解決できることも多いはず。

今まで買った家電などで、実際にメーカーに問い合わせた回数ってどのくらいありますか?数えられるぐらいじゃないでしょうか?

であればサポートはおまけ程度と割りきってしまって、それよりも他社と比較して高額キャッシュバック・最安料金で利用できると考えるとGMOとくとくBB WiMAXはおすすめのプロバイダーだと思います。

私は契約して3ヶ月以上立ちますが快適に使えています。

サポートの必要性をあまり感じないのであればGMOとくとくBB
は安くて絶対オトクですよ!